共和水産株式会社ニッスイグループ

新たな取組み

新たな価値の創造に取り組む共和グループの総合力

共和グループでは限りある海洋資源の保全にも貢献しています。
養殖場や海上生け簀へ出荷し、市場の需要と供給のバランスを見定め、供給過多を防ぐことで活魚の安定供給につとめています。

1 捕 獲

鮮魚・活魚の確保

共和グループは、新鮮な魚をお客様にお届けしています。
これまでに培った経験を活かし、最新鋭の魚群探知機の情報から魚種と捕獲量を見極め、魚体が傷つかないように慎重かつ迅速に捕獲を行うことで高いレベルでの鮮度維持を可能にしています。

2 運 搬

産地市場や海上生簀へ

海上と陸上が常に情報を共有し、市場の需要と供給のバランスを見定めて全国各地の産地市場や各地に展開する海上生簀、ニッスイグループが運営する蓄養場などに出荷します。
その際に、所有する最新鋭の運搬船や曳航生簀が活躍しています。

3 安定供給

安定供給と出荷調整

共和グループが所有する最新鋭の運搬船は活魚を移送することができます。
市場の需要や気象状況を見定めて各地の海上蓄養生簀で一時飼育し、大漁時の値崩れを抑制するとともに船が休みのときでもお客様のニーズに応えられる安定供給を実現しています。

4 高鮮度出荷

新鮮な魚を食卓へ

新たな取り組みとして、魚市場と協力して活魚を水揚げと同時に活け締めをして出荷する高鮮度出荷も行っています。
活け締めされた魚は、色つやがよく魚体に張りがあるため市場の評判も良く、多くの仲買人によって高値で取引されています。

5 分析

事業コストの分析

共和グループは、多くの船舶と設備を保有し、生産から出荷、さらには船の整備に至るまで多岐にわたる業務を自社グループで行っています。
事業運営のムダを排し、効率的事業展開を目指して、一貫したコスト管理の研鑽に日々努めています。

6 グループ力

ニッスイグループとして

グループ会社の共和産業はこれらの鮮魚・凍魚を全国へ販売しています。
またニッスイグループの強みを活かし、地元境港で銀鮭の養殖を手掛ける弓ヶ浜水産(株)と提携し、銀鮭の出荷が終わる時期を利用し行われるブリ・サバ類の新規蓄養事業を展開しています。


共和水産株式会社
〒684-0006 鳥取県境港市栄町65番地
TEL:0859-44-7171 FAX:0859-42-6530